本文へ移動

調査の流れ

調査編

調査は、原則として次の部位別について行います。
(計測の単位は、巾については、1ミリメートル、長さについては1センチメートルとする。)
全景調査物件と、工事路線箇所との位置関係
外壁各面の亀裂、隙間、はがれ、浮き、沈下などの状態。
基礎建物の外周について、亀裂、隙間、剥離、浮き。
土間亀裂、はがれ、浮き、沈下等の状態。(幅、長さ、範囲など)
外構 (塀.門柱.擁癖等屋外工作物)門柱については、傾斜度合を計測する。 亀裂、隙間、目地切れの状態。
天井雨漏り、シミ等の状態。
内壁各室の四面の亀裂、隙間、浮きの状態。
水廻り (浴室.台所. 洗面所)タイル張りの亀裂、剥離、目地切れの状態。 漏水の有無。
各室の床の隙間、浮き、はがれの状態。
柱及び敷居柱の計測の位置関係は、直交する二方向(敷居)から1メートルの 高さの点とする。敷居の傾斜の計測位置は、柱から1メートル離れた 点とする。
建具等各室の建付、開閉の状態(閉めた時の建具上下の隙間の大きさ等)。 施錠の状態。
その他撮影可能であれば、屋根(瓦の状態) 池があれば、底のようす(漏水)など、その他必要と思われる箇所。

道具編

バーチカル測傾器
傾斜器
下げ振り
傾斜器
敷居(床)傾斜測定
傾斜器
テーパーゲージ
直尺
クラックスケール
指示棒
ホワイトボード

有限会社肥後建築総合事務所
〒812-0888
福岡県福岡市博多区板付2丁目
11番18号
TEL.092-573-9496
FAX.092-574-6519

──────────────
・補償コンサルタント業務  
・公共事業施工に伴う
 補償調査業務